秋の大運動会


恒例の秋の大運動会を、紅白のグループに分かれて行いました!

種目は「玉入れ」「紙テープ引き」「ピンポン玉お玉リレー」「ボール送り」です。



「玉入れ」の玉はお手玉を使い、1人5個投げます。

座ったまま投げるのがルールです。

皆さんのコントロールが良くて、毎回接戦になりました。



「紙テープ引き」は、2人が紙テープを交差させて持ちます。

「よーいどん」の合図で、互いに自分側に引っ張り合い、紙テープが切れた方が負けという競技です。

「子供のころ、松の葉でやったわ~」

「私はオオバコの茎で遊んだわ!」

などと、昔を懐かしまれる方も多くいらっしゃいました。



次の競技は「ピンポン玉お玉リレー」です。

10個のピンポン玉を順番にお玉で隣の人に渡していきます。最後の人まで送ったら、今度は逆回りで玉を送り、スタートの人にピンポン玉が10個戻ったらゴールです!

ピンポン玉は軽くて落としやすいので、皆さん慎重に、でも気持ちは急いで頑張っていらっしゃいました。



最後は「ボール送り」です。

頭の上から5個のボールを送って、最後は職員がボールを運び、定位置に置いたらゴールです。

皆さんからの声援を受けて、職員も必死に頑張りました!


どの競技も笑いが絶えず、とても楽しい運動会となりました。