先輩のメッセージ
介護職員 地域包括支援センター職員 看護職員

介護職員

~同じ職場の仲間の声に支えられて~

介護職  

入職後経験:17年
所属:敬寿園在宅サービス課
出身:専門学校介護福祉科卒
キャリア:特養介護職(9年)⇒出産を経て⇒デイ(8年)
だからこの仕事が好き!
私、8歳の息子と5歳の娘と1歳の息子がいます。
まだ手がかかる子供たちと仕事の両立は毎日戦争。
時に子供が熱を出し、休まなくてはならない時に申し訳ない気持ちでいっぱい(涙)
やっぱり私に両立なんてとくじけそうになった時、課長が「育児なんて、おまえの敬寿園人生の一時なんだから。いくらでも協力するよ!がんばれ!」って背中を押してくれたんです。
他にも先輩ママさんから「今が一番大変よね」「こっちは大丈夫よ」と、今こうやって楽しく毎日が送れているのは、こんな恵まれた環境があるからだと思います。

仕事が好きなエピソード

今、地域密着型認知症デイサービスで生活相談員をしています。認知症の方々の送迎や身の回りのお手伝い、レクリエーションなど様々な活動を一緒に行っています。
その中から、利用者さんの状態を観察し、必要な情報をご家族やケアマネージャさんと協議しています。
夏は家庭菜園をし、利用者がきゅうりの浅漬けを作ってくれました。自分が作る浅漬けとは一味違う、塩だけなのに、さすが“おばあちゃんの漬物”絶品でした。
~人が温かいことや野球部があったこと~

介護職

入職後経験:9年
所属:敬寿園在宅サービス課
出身大学:総合福祉学部総合福祉学科卒
キャリア:デイサービスセンターの介護職(9年目)
ズバリ!この職場を選んだ理由
介護の仕事をするか悩んでいる学生時代に敬寿園に実習に行きました。今までに様々な実習機会がありましたが、一番お年寄りの方々や職員同士の関係が温かく、雰囲気も良く「ここなら働きたい」と思い、アルバイトを希望し、その後常勤でデイサービスに勤めることになりました。
次に、野球部があったことです。私は小学校のときから野球をやっていて、社会人になっても続けたかったので好きになった施設に野球部があって「ラッキー」と思いました。

だからこの仕事が好き!

今私は、一般型デイサービスの担当をしていて行事やクラブ活動、レクリエーションなどがあり、利用者さんと一緒に過ごしている時間が楽しくやりがいがあります。また、利用者から様々な人生のお話を聞かせていただき、人生勉強もさせてもらっています。私の目標は、「今日来てよかった~」って一人でも多くの方に感じて頂けるデイサービスセンターを目指すこと、日々精進していきたいと思います。
~日常のささいなことが感動に変わるお仕事です!~

介護職

入職後経験:1年
所属:七里ホーム在宅サービス課
出身:高等学校卒
キャリア:他業界で5年→デイサービスセンターの介護職(1年)
デイサービスの1日
利用者さんのお宅へ車でお迎え

午前中 入浴介助

昼食配膳

14時 全体レクリエーション

利用者さんのお宅へ車でお送り

だからこの仕事が好き!

デイサービスは、日々利用者が変わるので、「一番うれしい」というより「日々うれしい」事が少なからずあるという印象です。
お互いに笑い合えたりお互いに会話がはずんだりとささいな事が「何かが通じた」という感動に変わります。

ズバリ!この職場を選んだ理由

事務所や他部署の職員、清掃の方達などなど、隔てなく気さくに会話ができるところ
~入職して『働く人に優しい職場』と分かりました~

介護職

入職後経験:17年
所属:七里ホーム施設サービス課
出身:福祉専門学校卒
キャリア:特養の介護職(17年)ユニットリーダー
これが私の仕事
入居者の生活全般を支えるために、食事・入浴、余暇活動のお誘いなどを企画し、毎日が活き活きとしたものになりように心がけています。特に、この七里ホームは、開設して1年の非常に若い施設です。全室個室の12個のユニットで形成されています。
最初は入居者一人一人の生活と職員の動きの把握に戸惑うこともありましたが、少しづつ良い笑顔が増えてきたように思います。
七里ホームに関わる人が、少しでも今まで以上に幸せになれるよう努めていきたいと思います。

仕事を通して一番嬉しかったエピソード

介護のお仕事を始めてから、15年以上経ちますが、何が一番と決められないほどの沢山の経験をさせてもらっています。
嬉しかったり、悲しかったり、時には悔しい思いをすることも。
しかし、振り返ってみれば、全てが自分の成長につながっていて、明日への活力となっています。

ズバリ!この職場を選んだ理由

『辞める人が少ない職場』と評判を聞いたのがきっかけでした。
実際、自分が働いてみると、『働く人に優しい職場』ということが分かりました。優しい=甘いと捉えがちですが、そうではなく、職員一人一人に目を配り、必要なサポートが行えている職場環境だと思います。そのことが利用者への還元になっているので、良いことだと感じています。
~施設内の雰囲気や職員の人柄に一目ぼれしました~

介護職

入職後経験:3年
所属:施設サービス課
出身:福祉専門学校介護福祉科卒))
キャリア:介護職3年
介護福祉士
だからこの仕事が好き
利用者さんの笑顔が見れたとき!
利用者さんと接していると、笑顔を見せて下さいます。入職した当初は、何もできず、落ち込むこともありました。その時、たわいものない声掛けや介助を行っていると、利用者が「ありがとう」といいながら笑顔になっているのを見ると、こうやって答えて下さる方のためにも、落ち込んでいちゃいけないなと元気をもらい助けられてきました。そんな時間が宝物であり、今となっては一緒に笑顔で笑い合って過ごしています。

ズバリ!この職場を選んだ理由

私がここを知ったのは、就職相談時に「ここが合っていると思う」と先生にお勧めされ、出会いました。見学しに行ったとき、周りはとても緑に囲まれ田舎のようでした。今まで見てきたホテルのような新品で過ごしにくい施設よりも、少し家に近いようなホッとする施設でいいなあと感じました。また、利用者のことを第一に考えているという気持ちが伝わってきて、こういう人たちと一緒に仕事をしたいと思い決めました。面接では、成績より人柄で選ぶ施設だと知り、今となっては、本当にここを選んで良い先輩たちに出会えてよかったと感じています。
~介護未経験からのチャレンジ!
人間性重視という施設長のお話に感銘して~

介護職

入職後経験:3年
所属:施設サービス課
出身:大学商業部商学科 卒
キャリア:一般営業職25年→介護職3年
これが私の仕事
食事・入浴・排泄をはじめ、ご利用者の身の回りのお世話例えばご利用者の出身地を話題にすることで会話が進み冗談を言いあえる関係ができた時や親子ほどの年齢差のある職員と一緒に目標を共有しやり遂げた時など、そんな小さな一つ一つが私の喜びです。

この職場を選んだ理由

今までの人生経験を生かせると思い、50歳を過ぎてから、介護分野にチャレンジしました。
就職面接の時、「ご利用者ひとりひとりの生活が穏やかで価値があるものになるよう若い職員と一体になり、日々奮闘している」という施設長の言葉に感銘し、就職を決意しました。

就職活動中の皆さんへ

どんな団体、組織にも、目標や理念、社是というものがあります。私は目標や理念などが自分も共感できることが就活における企業選びをする際に大切だと考えています。
就職してからの日々はとても長く、様々なことがあります。ぶれそうになったとき、目標を見損なわないことが、私の頑張りの源です。
~『ご利用者さんの笑顔が見たい』利用者さんの
生活の一部に携われることが喜びです~

介護職

入職後経験:7年
所属:宝来ホーム施設サービス課
出身:大学商業部商学科 卒
キャリア:介護職6年→相談職1年
仕事をとおしてのやりがい
「ご利用者さんの笑顔が見たい!」と、安心してご利用して頂ける環境を整え、職員も安全第一をモットーに、日々業務に励んでいます。
皆様にとって孫程の年齢の私に優しく接して下さることに感謝して、「自分の笑顔で皆様を明るくしてやるぞー!」という気持ちを持ち続けています。
又、他職種との連携(介護職、看護職、医師、介護支援専門員等)をすることでその方がより良く在宅生活を継続できるように支援させて頂くことを考えていくことにやりがいを感じています。
信頼関係を築いていくうえでも一番大切なコミュニケーションを大事にお一人お一人の生活の一部に携われることが喜びです。

就職活動中の皆さんへ

まずは見学してみて目でしっかり確認することが大切です。
どの職場も理念を掲げてその目標にそって日々努力しています。
一番大切なのは職員間の交流がしっかりとれているか、利用者さんに対しての接し方がきちんとされているか。
自分が長く続けられているのも周りの職員さんのサポートがあって今があると思います。
~『何か人の役にたちたい』と
高校卒業して、無資格で就職しました~

介護職

入職後経験:7か月
所属:施設サービス課
出身:高校 生活技術科卒
キャリア:平成27年4月1日入職
介護職
これが私の仕事
利用者ひとりひとりに「その人らしく」暮らしていただくこと食事・排泄・入浴など 利用者さんには生活することに何らかの障害を抱えています。
自分でできることはなるべくして頂くよう心掛けていますが、ご自身でできないことを手助けすることで、利用者が「その人らしく」生活できるようになります。

この職場を選んだ理由

学生時代、レジのアルバイトをしていましたが、お年寄りが一人で大変そうに買い物をする姿をみて、私でも何か役に立てることがないかと感じていました。
姉のススメで施設のお祭りの見学に行きました。利用者の方や施設職員の雰囲気が良く敬寿園で働いてみたいと思い入職することを決めました。

就職活動中の皆さんへ

パンフレットやホームページではわからないことがたくさんあります。実際に見学にいって雰囲気を感じとることが大切です。
高卒で知識がなくても、しっかり指導してくれる施設なのか、人材育成に力を入れているのか等自ら出向いて聞いてみましょう。

地域包括支援センター職員

~様々な引き出しを作れる職場~

社会福祉士

入職後経験:8年
所属:地域包括支援センター
出身:福祉専門学校社会福祉科卒
キャリア:介護職3年→相談職5年
社会福祉士
これが私の仕事
地域で暮らすみんなの相談窓口「地域包括支援センター」で看護師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの職種がチームとして連携し、必要な機関と協力調整をして、問題解決のお手伝いをします。

この職場を選んだ理由

相談職を希望し就職活動をしていた際、施設長より「まずは介護の仕事に就き、介護の経験や思いなど様々な引き出しを作ること。それがのちに相談職に就いた時に生きてくる」という話に共感し、入職しました。

だからこの仕事が好き!!

現場は和気あいあいで新入職員でも関係なく意見を聞き話し合え、やりがいが持てる場です。介護職として仕事を始め、利用者が眠れずに一緒に過ごした時、日々介助した時、今の仕事でも地域の方から相談で訪問した時、集会所で体操や講話をした時など「ありがとう」と笑顔で声をかけてくれます。このありがとうの一言が「また頑張ろう。この仕事を続けてよかった」と思える瞬間です。日々頑張った分、温かいことばが頂けることに感謝しながら、業務に全力を注いでいます。

就職活動中の皆さんへ

就職し、子供ができても安心して仕事が出来る職場に出会えるよう、まずは施設を訪問し、雰囲気を見て感じてください。

看護職員

~利用者の方と向き合う職員の姿に
私もこういう人たちになりたい~

看護師

入職後経験:1年目
所属:七里ホーム
出身:看護学校卒
キャリア:病院看護職22年→施設看護職1年目
これが私の仕事
利用者さんが「安心・安全・快適」に暮らせるよう日常生活や体調管理を介護職員と連携して行っています。具合が悪くなったときは悪化しないよう、早期発見に努めて対応しています。また、高齢者の皆さんはほとんどの方が持病を抱え、お薬を服用していますので、お薬の管理も大切な仕事です。

だからこの仕事が好き!!

「看護師さん、ここみてください」「足の爪を切ってください」など一人一人それぞれの訴えがありお話を聞きながら対応をすることで、安心していただき「ありがとう」と笑顔になってくれることです。日々頑張ろうと自分自身活力が湧き、人生の先輩なので勉強にもなります。また、家族の方と職場スタッフで話し合う機会があり、家族より「以前より笑顔が見られ楽しそうにしているのでよかった」と温かい言葉を頂けたときに嬉しく思います。

この職場のココが好き!

今まで病院で20年程勤務してきました。毎日忙しく業務に追われ、一人一人の訴え、コミュニケーション不足を感じていました。また、忙しい中「自分らしさや理想」を見失っていました。「一人一人に最後まで向き合いたい」と強く思い転職しました。職員の皆さんが「最後まで自分らしく生きる」という理念を支えている姿を見て改めて私の目指している職場が
見つかったと思います。今は穏やかな環境の中で一人一人と真摯に向き合えてよかったと感じています。
~多職種の連携が取れ、楽しい職場です~

看護師

入職後経験:10年
所属:大宮ナーシング・ピア
出身:専門学校卒
キャリア:病院病棟4年→外来4年→特別養護老人ホーム1年→有料老人ホーム1年
これが私の仕事
施設利用者の健康管理、処置を行っています。
多職種と連携を取り、チーム全体で利用者さんが安心・安全に過ごして頂ける様にサポートをしています。

仕事が好きなエピソード

処置などをしている時の利用者さんとの会話も楽しく仕事をしていますが、帰るときに利用者さんから「今日もありがとう、また明日」と言っていただき、人と接することができるこの職業に就いたことの喜びを感じます。

ズバリ!この職場を選んだ理由

以前、親が務めており、多職種の連携が取れ、楽しい職場と聞いていたので、ピアに就職をしました。

就職活動中の皆さんへ

病院勤務とは異なり、医療面からだけではなく、行事やクラブ活動等を通して有意義な生活を送って頂ける様、様々な角度から利用者さんへの全人的なサポートを行いますので、当初は戸惑うこともありますが、楽しい職場です。
先輩のメッセージ
近隣情報
教育体制
ブログ
ブログ
リクナビ